Entries

ファームウェアV1.02 に更新


K-1mark2を使っていて最近困っていました。

_IMG0178

上の画像の通り、色輝度、色彩度が暴れていて現像に手を焼いていました。
特にadobeソフトとの相性が抜群に悪く、より悪化してしまうという・・・。

それをPENTAXに問い合わせも行っていたのですが、回答を引き延ばされていたのです。
・・・んで回答してきた!と思ったら曖昧で。。。
次の日の朝ファームウェアの更新情報w

そういうことか。。。

で、更新後の画像。

FMラジオの公開放送
_IMG0210

デジタル鬼門の黄色
_IMG0211

デジタル鬼門の赤色
_IMG0212

びっくりするほど輝度・彩度荒れが習性されています。
どうやらアクセラレータのデータが改善されているような書き込みがありました。

やっぱりかい!
ちな、PSでの現像にも対応しており・・・暴れなくなりました。

PRIMEの内部変更以外だと、AFボタンの反応速度が劇的に速度アップしているようです。
AFの反応はそもそも良かったのですが、AFボタンの反応速度が遅かった。
意味がわかるでしょうか?

ファームウェア後に使っているのはタムキューです。
ファーム前というかK-7ではAFは全く使い物にならず、MFでフォーカスを合わせる方が早いという意味の無さ。
それが、もう人間のMF速度では不可能なほど早くフォーカス合焦するようになっています。

もう・・・鬼っぱや。
マクロが俊足でフォーカスとか・・・ビビります。
K-1mark2とTAMRON90mmSP Diのコンビ最強伝説かも。








スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://promenadewithpuppy.blog79.fc2.com/tb.php/725-d2b39914

トラックバック

コメント

[C593]

枯れたであろうK1からの少しの改良品でも初期ファームウェアにはバグがあるんですね。
AFが早くなったのは良いですね。

[C594] Re: タイトルなし

殆ど変わっていないはずなのに、バグとかは流石にビックリです。
  • 2018-05-30 19:54
  • promenade
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix