Entries

F値のテスト




庭に Narcissus bulbocodiumが咲きました。
ナルキッソス・バルボコジウム

黄色の花でデジカメだと撮るのがムズかしく良い題材かもしれません。



F2.0

_IMH6150



F2.8

_IMH6151



F4.0

_IMH6152



F7.1

_IMH6155



F8.0

_IMH6156



ピンの深みが確実に違うのが分かります。
F4.0位まではボケ味が十二分に楽しめそうです。
それ以降では、後方までしっかり確認できています。

オールドレンズをしばらく楽しんでZeissで撮ると抜けがすごくて、何がこれほど影響を与えているのか不思議に思えてきます。
夕刻に別の花を撮りました。



_IMH6146



_IMH6148



なんだかんだ言って使いやすいレンズがスナップには最高です。










スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://promenadewithpuppy.blog79.fc2.com/tb.php/560-8a2cc8c5

トラックバック

コメント

[C392] ナルキッソス・バルボコジウム

珍しい花ですね。初めてみました。
一見動物のように感じました。
  • 2016-04-09 22:26
  • メイ
  • URL
  • 編集

[C394] Re: ナルキッソス・バルボコジウム

昔、身内が勝手に定植したものがずっと残って咲いています。
赤色、黄色はデジカメ撮影では難易度が高いと個人的に考えているので良い撮影対象です。
  • 2016-04-10 07:56
  • promenade
  • URL
  • 編集

[C395] 難易度

”赤色、黄色はデジカメ撮影では難易度が高い”と書かれていますがありのままの色が出しにくい色だと言うことでしょうか?
F値によって深度が変わっていく様子がよくわかりますね。
F8.0の写真を先に観れば”花”であることがよくわかるのですが、F2.0の写真を見た時は水槽の中の”熱帯魚”かと一瞬思ってしまいました(笑)。
  • 2016-04-10 17:14
  • メイ
  • URL
  • 編集

[C396] Re: 難易度

デジタルカメラで明るく(俗称:ハイキー)に撮影すると、黄色と赤色は撮像素子の性能とデジタル解像チップの性能の上限にぶち当たり、色がベタになり立体感が無くなったり、コントラストが飛んでしまったりすることが多くなるというのが私の持論です。
正確にホワイトバランスをカメラも現像するパソコンなどの液晶画面や、ビデオカードの設定や性能をある程度カメラと均一にすり合わせが出来ていれば、かなり細かく表示がされるのですが・・・結果webへアップした段階でアップ先の表示性能差で絵みたいになり下がることもあり、面倒臭い問題があったりなかったりのお話しです。

専用ソフトで自分なりに好きに変更できる反面、凝り過ぎて劣化してしまうというのが上記を要約した話になります。
  • 2016-04-10 20:23
  • promenade
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

promenade

promenade
趣味の写真をupしたり、近況報告が主になっています。
随時、相互リンク・お友達も募集中です。