Entries

南瓜・ロロンの定植を行いました




簡易ハウスで育苗していたカボチャ苗が育ってきました。
近所の先輩農家がとっくに定植していたことを知り、私も慌てて定植することにしました。



_IMH6107



有機石灰を先日振っておいたので、牛糞堆肥を念入りに振って耕耘して定植です。
定植後は、行灯保護もしました。



_IMH6113



中はこういう感じ。
割竹は木槌で打ち込んでいます。



_IMH6115



行灯処理は、
・初期のウリハムシ被害軽減
・冷害(霜)対策&加温
の為だと昔から作業されてきたことで、実際にかなりの効果があります。
ホントは三角より四角が外気から遠のくのですが、竹の数が増えるので3つで堪えてもらいます。

最近ではテント保護もありますが、あれは温度が上がり過ぎて焼けたり風に弱くぶっとびやすいのが欠点です。
行灯に使う道具は時期が終われば回収し、来年以降も使います。

ウリハムシの被害がひどい場合、モスピラン処理をするかどうか?ということになります。
冬季のハクサイが大失敗に終わったので・・・



_IMH6123



ロロンに期待です。。。








スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://promenadewithpuppy.blog79.fc2.com/tb.php/557-1f280b87

トラックバック

コメント

[C382] 行燈

この前ですが畑のお隣さんが2Lのペットボトルの上下をカットして筒状にしたものを行燈代りにされてるのを見て感心していたところです。
でもペットボトルでは少し狭そうだな~と思っていたのですが3本の竹を使った行燈はいいですね。
支柱の本数が少なくていいので私もやってみようと思います。竹はないので樹脂の支柱でやってみます。


  • 2016-04-01 16:44
  • メイ
  • URL
  • 編集

[C383] Re: 行燈

> ペットボトルの上下をカットして筒状にしたもの
1~2枚本葉が出たら光合成が阻害されそうな気がします。
ゴミの再利用としては最強の部類です。

竹は田舎の河川敷に野生えたのをノコギリ持参で加工して作成するのがオススメです。
  • 2016-04-01 19:33
  • promenade
  • URL
  • 編集

[C384] 行燈の素材

写真の行燈はビニール製の普通の袋のように見えますが専用の素材なんですか?
私は100均で適当な大きさの透明のビニール袋を買ってこようと思っていたのですがダメでしょうか?
PS/こちらも田舎ですが残念ながら河川敷に野生する竹はなさそうです(笑)。
  • 2016-04-01 20:25
  • メイ
  • URL
  • 編集

[C385] Re: 行燈の素材

> 写真の行燈はビニール製の普通の袋のように見えますが専用の素材なんですか?

育苗培土や牛糞堆肥、化成肥料、有機石灰などの袋を捨てずに利用しています。
堆肥や石灰などの肥料は嫌でも買いますし、重い資材の袋は丈夫ですからね。
  • 2016-04-01 21:05
  • promenade
  • URL
  • 編集

[C386] 行燈の素材②

”ペットボトルだと光合成が阻害されそうな気がします”とのコメント
がありましたが”堆肥や肥料や石灰などの袋”は透明じゃないですけど
問題ないですか?

PS/ポットで育苗中のロロンカボチャの種がようやく芽吹いて来ました。
種蒔き後12日目です。
  • 2016-04-02 13:17
  • メイ
  • URL
  • 編集

[C387] Re: 行燈の素材②

>透明じゃないですけど問題ないですか?
説明が難しくなるのですが大丈夫でしょうか。
出来るだけ単純に記載します。
・透明だと温度が上がり過ぎて焼けるor煮える
・黒色や銀色などは温度を貯められ、水の蒸散も若干軽減できる
・色より苗に対しての大きさ(ゆとり)が必要

芽や葉は尖って出て開くので開く幅が無いと受けられません。
カボチャの本葉はペットボトルより何倍も大きくなります。
ビニールは黒くても光を通しています。
アスパラやニラで色を付けないように遮光するのがかなり大変な作業であるというのと反対の考え方ですね。
寒い時期は保温が徒長より重要で、高温になり過ぎて煮えると終了してしまうということです。
透明だとビニールの下で苗の上に葡萄の袋のような紙を一枚翳さないと焼けます。
  • 2016-04-02 19:18
  • promenade
  • URL
  • 編集

[C388] 行燈素材

袋をかぶせれば温度も上げられ、また風の影響や鳥害からも守れて
いいかと単純に考えていました。
温度が上がり過ぎると焼けるor煮えることになり一巻の終わりなん
ですね。
有難うございました。
  • 2016-04-02 21:24
  • メイ
  • URL
  • 編集

[C410] 行燈の固定法

今日、ロロンカボチャを定植しました。
肥料袋を利用して行燈仕立てしたんですが
市販の支柱3本では心もとなく4本支柱に
しましたが風で飛んでしまわないか心配です。
実際、行燈(袋)は支柱と何箇所か固定している
のでしょうか?
それとも袋の下は土の中に埋め込むのでしょうか?
アドバイスお願いします。
(写真は明日のブログにupします)
  • 2016-04-19 22:49
  • メイ
  • URL
  • 編集

[C411] Re: 行燈の固定法

>行灯
割竹の支柱は木槌で打ち込む旨、以前のブログ内に記載してあります。
固定が利くだけ刺さっていますし、また割竹もカボチャの苗との比較参照して頂くとわかるように、かなりの幅があるものを利用しています。
木槌のサイズは大人の腕、肘から先位の長さの柄が付いているモノです。
農業の最大の敵は風。
最低限、風の力を防げるだけの備えが必要です。
  • 2016-04-20 08:07
  • promenade
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

promenade

promenade
趣味の写真をupしたり、近況報告が主になっています。
随時、相互リンク・お友達も募集中です。