Entries

露出補正を使ってみる




PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-7 ボディK-7を使い始めて約半年。
ずっとMモードで使ってきた。
Mモード(マニュアル撮影)は、SSもF値も感度も自分で設定して撮影するモード設定です。


先日たむQが修理から帰ってきたので、
ひさびさにマウントアダプターK+SuperTakumar1:1.8/55mmから交換してみた。

まぁレンズ交換は当たり前なデジイチですから何を今更言っているんだと諸氏は思われるでしょうが、
オートモードを全く使いこなせていなかった私の覚書と読み流して頂ければと考えます。



PENTAX K-7にはハイパーモードダイヤルという機能が装備されており、
SSやF値、感度をそれぞれ優先させ他をオートで撮ることが出来るのです。

これがあるとどう便利なのか今まで良く分かっていませんでした。

例えば日中屋外で撮影する場合、
感度は100で固定してもそれ程差し支えないでしょう。
そこで感度優先モードに設定し、
後の変更は露出補正のみで自動に好みの適正に撮影出来てしまいます。

実際の画を見て頂きましょう。


IMGP0737
露出補正+2、自動(F2.8、SS250)


IMGP0738
露出補正+1、自動(F4、SS500)


IMGP0739
露出補正-1、自動(F4、SS500)


IMGP0740
露出補正-0.3、自動(F4、SS1250)


ここで重要なのはオートで撮影された画が飛び過ぎ、潰れ過ぎが簡単に補正可能である点です。
意外と重要でかつ簡単に全体の補正が可能であるのがポイントですね。

ある程度補正が出来て色を取り込めていれば、後はRaw現像する時にどうとでも変更出来るのです。

つまり撮影シーンに合わせて
SSは固定したい、
感度固定でいい、
F値固定で攻めたい
などのシチュエーションでどんどん撮影出来てしまいます。

これは私自身がそうしてみたと云う方法で正しい使い方なのかどうかは解りませんが、
思ったより楽な設定でAFと合わせて使えそうです。
フォーカスもほとんどMFでしか使っていないのですがwww

たまにはオートな機能も使ってみるのも良さそうです。




PENTAX K-7 <メンテ>





PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-7 ボディK-7PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-7 ボディK-7
(2009/06/27)
ペンタックス

商品詳細を見る












スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://promenadewithpuppy.blog79.fc2.com/tb.php/44-5c2bf244

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

promenade

promenade
趣味の写真をupしたり、近況報告が主になっています。
随時、相互リンク・お友達も募集中です。