Entries

アスパラガスの株分けと植え付け作業




庭でプランター栽培しているアスパラガスが昨年あまり萌芽が良くなくて残念な結果に終わりました。
数年以内には一度植え替えをしたのですがこの結果です。

・・・で考えたのが根詰まりを起こしているのではないか?ということ。

思い立ったら吉日。
早速作業にとりかかりましょう。



_IMH2262

プランターは40Lサイズです。
ごそっと抜いてみました。



_IMH2264

めちゃめちゃ根がぎっしりですねwww

そりゃあ新しい芽も出ないわorz
ここから根鉢を崩す作業が大変でした。
根を傷めたくないけれどグルグルと絡み合っているのを解すのはほぼムリゲー。

間にメッシュの底板があるはずなのですが、根が行ったり来たりの釣り糸の絡まったのより酷い状態でした。



_IMH2269

やばいよ~。
どんどん時間が経っていくよ・・・。

やっとの思いで底板を取り外したのですが、入れたはずの土の量が40Lありません。
7割が根の状態???



_IMH2271



ほとんど根だけの状態になる頃には日が傾きはじめていました。

ここから株分け作業をする予定で崩してきたのですが、どこをどう分けたらいいのかさっぱり分かりません。
なんとなく、芽吹きそうな株の集中しているところがコブ?のような塊に感じられたので、それらの一つ一つを掴んで引っ張ってみました。



_IMH2274

比較的綺麗に解し分ける事が出来たのは8つです。

一つの株が八つに既になっていたということでしょうか?!
しかしよくよく観察するともう少し分ける事が出来そうでしたが、分ければ分けるほどプランターが沢山必要になりますから、とりあえずこれに留めて植え替え作業を開始です。



_IMH2275

中へ底板の網トレーを入れ、少し土を敷き詰めます。
土壌はホームセンターで販売している安い野菜の土(培養土)を利用しました。
培養土に油粕を少量混和、赤玉土の小玉少量混和(余っていた)しています。

アスパラガスは肥料食いなので油粕は少々多めのが良いかも知れません。
ただ腐れるとクサイのであまり沢山は入れませんでした。

そこへ分割したアスパラガスの苗を置いて、上から更に培養土をかけていきます。
あまり深々と埋めてしまうと萌芽の阻害になるので適度に仕上げましょう。



_IMH2287

一つだった40Lプランターを3つも使うことになりました。
これでも結構ギリギリだったので、来年か再来年には再度植え替えが必要になる気がします。
最初は直か上にして絶えてしまう事が多かったのですがプランターにしてからは、絶好調に育っています。

今年は腹いっぱいアスパラガスが食べられればいいなと期待!











スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://promenadewithpuppy.blog79.fc2.com/tb.php/398-81c6f540

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

promenade

promenade
趣味の写真をupしたり、近況報告が主になっています。
随時、相互リンク・お友達も募集中です。