Latest Entries

予定外だけど・・・少々お高いモノを買う事になりました


購入予定ではあったのですが、良い出物が無く流れていた話。
まだ未確定ですが契約の運びとなりました。

キャッシュで買えるモノとローンで買うものと・・・。
一度期に挑むのもどうか?とも思うのですが。
こういう話って重なるモノなのでしょうか?

農作業が一段落付きかけており、少しだけ心に余裕が出来そうです。








スポンサーサイト

今回の洪水で年長者と話した事


岡山では昔、室戸台風での大雨土砂災害を経験しています。
その時に浸水、冠水する地域というのを知っています。

例えば、一級河川の吉井川でいうと本流側ではなく分水、遊水路、遊水地域などがそれに該当します。
つまり、殆どの方は浸かるであろう地域を「体験し知っていた」ということです。
治水が進んではいますが、古い地図などで言う「棄て地」「低地」が該当するわけです。
遊郭があったとか、何もできないけど水没してもいい田んぼにしておこう・・・とかいうことに使っていました。

ここからが問題となる点ですが、旧住宅街、所謂家系でいうならば本家や実家というのがある所がどんどん空き家化しています。
しかしながら新興住宅地には、農地を宅地化した所が非常に多く見受けます。
岡山でも水害で映像を見た方も多いはずですが、水没した家屋の多くが昨今の新築基準で建てられた家屋がほとんどでした。

少々前になりますが、広島で大規模な土砂災害があったのも記憶に新しい所です。
該当地域の古い地名は「蛇崩」というそうでした。
つまりは知ってはいるが、滅多にないだろう天災を甘く見た結果、もしくは人間の技術力に胡坐をかいた結果ともなるわけです。

旧住宅地の再開発には労力も費用も多く掛かるので進みにくいのは理解しています。
ですが、少子化なども同等の考え方とは思いますが、知っているし分かっているが安易な方向で手を打ってしまった結果が被害を拡大させている要因だと考えます。

そもそも農地は住宅地に適していない所を農地として利用していました。
農家の考えはそもそもそうです。
年寄りの意見には一見理論的では無いような事柄も多く感じられるかもしれません。
ですがむやみやたらに「やめとけ!」と若者を諭しているのでは無いのだと今一度見つめ直して欲しいなと感じました。



穏やかな時の吉井川
洪水の時には新幹線高架のわずか下まで水面が上昇していました。
草の生えている所が3日間全て水没していました。

_IMG0242








岡山大洪水は凄かったっぽい


警報解除されたので圃場を確認しに行きました。



キリンビール岡山工場付近が洪水しており、車がサーフィンみたいになりながらも走破してきました。
RAV4は車高もですが頑丈ですね。。。
前のワンボックスカーは、底のカバーが破損しひこずる状態になっていました。
残念です。

圃場はトンネル破損も無く、浸水もしておらず問題はありませんでした。
近所の白ネギ圃場が完全に水没したらしく、悲しい状態になっていました。

当方のネギ圃場は被害は軽微で、少しだけ風で傾いているところがあるかなぁ?という程度で済みました。

家の傍にある池は見たことが無い位に水没していました。

_IMG0268

_IMG0279

水が通常なら下の写真な具合です。

_IMG7201

1m50cm位深くなっているのかな。
排水は複雑な構造で一度期には流れてしまわないようになっているようです。
明日以降は雨もあがっていくようなので、農作業復活です。








今年から庭で


昨年からですけれども庭で野菜を作っています。
理由は至って簡単、使いたい時にスグ採れる。

ミニトマト
_IMG0265

ミニトマト以外にもピーマンもあります。
庭土へHCで買ったり農協で買った余り物の安い培土と、バーク堆肥か牛糞堆肥を1/3づつになる位に混和して盛り土状態に苗をブチさしています。
肥料は白ネギ栽培の余り物を使っています。
ブドウ用のも余っているのでそれも使う予定。

白ネギ栽培ではリン酸肥料を大量に使うので、それも流用しています。
その所為かもしれませんが、トマトの外皮がとても分厚く育っています。
ミニトマトなのに・・・普通の桃太郎系トマトと肉厚が変わらないというwww








今年の葡萄も後半戦


葡萄栽培も2018年後半戦に入りました。

最終摘粒作業


糖度についての解釈




空梅雨だと思っていたら、ここにきて大雨が続くという。。。
もうスグ作業が終わると思わせておいて・・・足踏み状態です。

カメラを使えるまでもう少し我慢ですね。








Virusの感染理由を特定しました


なかなか判明しなかったのですが、些細な事から気づきました。
海外の動画サイトからWindows10のphoto.exeの脆弱性をついていたようです。

Windows10ではアプリケーションソフトの規定化を行えます。
この標準で指定されているフォトビュアーが推奨のフォトになっているはずです。
これをそれ以外のフォトビュアーに変更することで簡単に回避できるようになります。

多分ですが・・・、しばらくすればWindows10の定期アップデートで脆弱性の改善が行われるとは思います。
それまで放置でも問題なければ良いのですが、ふらふらと海外のサイトもぶらつく方は変更しておいても損はないかもしれません。








Appendix