Latest Entries

スナックエンドウの抑制栽培を今年もやります!




昨年から導入している抑制栽培の一つ「スナックエンドウ」を今年もやっています。
昨年は今一の収量しか収穫があがりませんでした。

今年は今までの失敗を改善しつつ様子見ですね。



DSC_0175



この手を作るのが面倒。。。

日照りの干ばつで土壌がカチカチになるのを回避する為、ブドウで余った藁を敷き詰めています。
発芽がぼちぼちとあるようです。



DSC_0176



今はブドウで遅れ遅れになってしまった圃場管理の除草作業と、ブドウの出荷作業の合間にしか作業時間が無いので遅々としています。
スナックの隣にある千両ナスも少しづつ出荷しているので、プチトマトが放置状態です。
トマトを食べるのはカラスと毛虫・・・、何やってるのか分らない栽培状況。

ジャガイモの種芋回収と定植も時間の合間に行っています。
ジャガイモも半畝ほど未収穫で放置しておいたのを回収しつつということなのですが、放置しておくと7割芋が溶けてしまっていたので、やはり掘りあげて保管して種芋としたほうが良いということを理解しました。

里芋は、放置回収が芽出しも出来ていい感じだったのに作物で大きく違いがある典型です。








スポンサーサイト

今年のブドウ報告も最後かな?




ブドウの糖度がそれぞれの品種で、農協出荷基準に到達しました。
シャインマスカットは特に査定会でも大揉めになるほど厳しい状況のようですが、私の圃場では楽々突破です。
岡山では、『18度以上、1粒9g以上』にならないと『シャインマスカット・晴王』として販売出来ません。

『晴王』ってなんだよw知らね~よ。



シャインマスカット単体2kg箱詰め
直売所への出品価格3400円(店長と相談)

DSC_0174



オーロラブラック単体2kg箱詰め
直売所への出品価格2000円(岡山市場価格を指針)

DSC_0172



シャインマスカット、オーロラブラックのコンビ2kg箱詰め
直売所への出品価格3200円(店長と相談)

DSC_0173



こんな感じで箱に詰めて小売り希望へ納品しています。
オーロラブラックが特にデカくて2kg箱で軽々3kg超えてしまいます。

房仕上げ失敗ですね。。。
トホホ;;

ビギナーなので失敗の連続で「全くダメダ」と意気消沈していましたが、野菜本来持つ習性が足りない所を保全してくれました。
自然の復元力に脱帽です。

糖度と食味を検査するのに食べなければならず、甘さ酔いになってしまいました。
果物も19度を超えるとキツくなります。
私はメロンも食べられません。
『甘さ=辛く』感じてしまうのです。

栽培目標として『大きさは捨て、甘さは正義』を追及し今年は頑張りました。
来年からは、『早い成熟&なんらかの受賞』を目標に据えて頑張ろうと思います。

感じた事ありのままに書いたので意味判らないブドウ報告となりましたが、今年はたぶん終わりです。








またまた改造・・・




かな~り以前に鉄車輪からTA5純正のゴムらぐ車輪に変更した子。



_IMH0308



これで長らく利用していたのですが、、、車輪幅が非常に狭くてロータリー時に車体水平を保持するのに大変な労力を強いられていました。
というのが、圃場はトラクターなどで全体を耕耘するのですが、曳き溝が少しずつ出来てしまいます。
そして耕作層の下に耕盤層という硬い波打った段が出来ています。

この溝の傾きで幅狭のゴムらぐ車輪ではバランスが取れず傾きを保持するのに体力が無駄に消費されていたということ。
これを改善したくて、したくて、コツコツとヘソクリをしてクボタ本社サービスへパーツ調べを依頼し、新しいゴムらぐ車輪を手に入れました。



それがこちら。

DSC_0171



車輪径は2cm小さくなってしまいましたが、延長チューブを利用し車輪幅を変更出来るようにしました。
車輪幅が広くなったことで小さな轍に車体が大きく傾くことが無くなり、ロータリー作業の車体保持に必要だった無駄な体力が浪費されることが無くなりました!



実際に作業は水平に保つことに神経も使っていたのですが、意識がロータリー作業へ集中出来るようになったことで作物への適正な土寄せへ注意が払えるようになりました。
ネギへ丁寧に土掛けがされているのを目で追えるというのは、大変意味があります。

なによりかりより、全然楽に作業を進められました。
チョットずつだけど色々が良くなっています。








TV番組で少々ずさんな情報?!




ジャニーズタレントのアイバ君がやっている番組でせんびきや?の果物の選び方をやっていた。
・・・が、その選択基準がとてもずさんな情報でした。

例えばマスカット葡萄の選び方で、『やや黄みを帯びたものが美味しい』とのこと。。。



イヤイヤイヤw

ブドウは袋掛けした時の袋の色で変わるから。
青ブドウ用の袋は大きく分けて2種類で、『茶色』と『緑色』の袋どちらかを袋掛けに使用します。

緑色の袋だと日焼けしないので緑が濃い房に仕上がり、食味もサクサクとなります。
茶色の袋だと日焼けするので、やや黄色みへと熟したような薄黄緑色に仕上がり、食味も弾力あるものになります。

美味しさに違いはありません。
糖度は一緒です。



糖度計測と味見したシャインマスカット

DSC_0169b



当方は先代が『やや黄色く仕上げたほうが美味しそうに見える』という理由で茶色or白色の袋を使うことを教えてくれました。
私も少し黄色ぽいほうが熟したような見た目になるからそうだと思います。

個人的に食べ比べしたら、緑袋のものが先にも記載したように皮が硬く仕上がると感じました。
皮が硬いと日持ちが良いのは間違いないのですが、美味しく見えません(個人的には)。

輸送が多い場合には日持ち、直売が多いなら見た目で作り方を変えるのが定石です。
美味しさを色で判断するのは間違った情報です。

TVってこういう所がキライだわぁ。。。








藤稔がほぼ終了します




お盆期間中の直売所賑わせ用に出品するのに藤みのりを出していました。
11日~本日までで400房の大半を収穫したようです?樹からほとんど無くなりました。

1年生の作品でも買って頂けました。
指導員からも世辞とはいえ「良い」との評価で安心しました。



DSC_0163



知らなかったのですが、着色品種としては藤稔は最大顆粒になるのだそうです。
最近登録されたブラックビート(藤稔にピオーネを交雑らしい・・・藤稔はピオーネの交雑なのに?)のがおっきな顆粒だったのをこの間の査定会で見せてもらって食べてみました。
ちょっとエグ味があるけど、食味はサクサクしてました。

味は藤稔のが美味しい(ブドウっぽい味)気がします。
栽培は手が掛からなかったけど、脱粒が少々厄介な品種です。
早熟なのでお盆に間に合うのも魅力だという意見には納得です。

今年は、ブラックビート以外にも、翠峰、竜宝、ハニービーナスなども試食させて貰いました。
この中でも『竜宝』がザ・葡萄!という味で美味しかったです。

まぁ昨今ではシャインマスカットが完璧と言って過言ではない完成度(ブドウの究極形)ではあるのは間違いないのでしょうが、美味しいという観点から見るとそれだけではないということです。

好みもあるし。
子供の頃から久しくブドウを食べていませんでしたが(今年はイヤイヤ食べざるを得なかった。。。)、日本の贈答という慣習があることで潤わせてくれる制度に感謝です。








直売所の査定会に参会してきました




連絡が無かったのですが、噂を耳にしたので参加してきましたブドウ査定会。



DSC_0162



個人的に昨年から思っていたブドウの価格が、(目方は1房500g以上ある)
・藤稔 (500円)
・ピオーネ (800円)
・オーロラブラック (1000円)
・シャインマスカット (1000円~1400円)


・・・で、担当者などと直近で相談していた価格が、
・藤稔 (500円)
・ピオーネ (700円)
・オーロラブラック (750円)
・シャインマスカット (1000円~)

今の相場で近隣の直売所価格が、
ピオーネの2kg箱(贈答状態)4房入り
・赤秀 4800円
・青秀 4000円
・優秀 3300円

たけ~ョ!!!
『この相場を基準にして露骨な値引き価格で販売しないでください』
と文書&口頭で指示がありました。

恐ろしい子。。。

コチラのブログを読む方は、見慣れない『赤秀、青秀、優秀』というランク付けでしょう。
優秀で、デパートや高級果物専門店レベルです。
私は行ったことがないので見たことないけど???

近隣のスーパー?だとまずお目に掛かれない品質だと思って頂いて良いと思われます。
・・・ですが、当地直売所でも出品者のレベルがマチマチなので品質良く、適正相場根付しているものに出くわすのはタイミングでしょう。
1日に数百箱流通していると直売所の店長が言っていたのが本当だとすると・・・
なかなか出会えないのも仕方ないかもしれません。



栽培1年目の初心者がちょっぴり胸張っているのでもいいから購入してみたい!と思われる方が居られましたらご予約にて発送いたします。

中段の相談していた価格から、お盆過ぎたら値が下がりギミになるそうなので下がり率を考慮する予定です?。





連絡先
mailアドレス
sin9999999@gmail.com
予約は、2016年8月20日までの受け付けとします。
沢山の注文はお受け出来ない事もあるので、ご注意ください。

通販を生業としていませんので、発送は『ヤマト運輸』へ持ち込みで着払いのみとさせて頂きます。
箱は2kg箱(岡山の化粧箱)ですが、1房500g以上ありますのでコンテナ箱(印刷が違うが流用)を使うかもしれません。
1個口の最大は2箱です(ヤマトの指定なので)。
箱と包材で200円しますが大サービス無料w

発送可能3品種
・ピオーネ
・オーロラブラック
・シャインマスカット

藤稔はボロボロと粒が外れやすいので発送に不向きですが、理解して頂ければ可能です。
4品種とも種抜け薬剤処理済みですが、タネが残る可能性もあります。
使用薬剤、使用日はブログの備忘録へ記録があります。
出来る限り規定最小限の農薬利用に留めていますので多少病害が見られる場合もあります。

発送は連絡後、『糖度』、『酸味』が基準クリアを確認し行います。
発送日はご相談の上行いますので、不在返送にならない日時をお願いします。
シャインマスカット(晩生)以外の品種は既に『糖度』が、JAの基準をクリアしてはいます。
一般的なブドウの適期は9月中旬であることをご承知下さい。




ほぼ完成状態のブドウを写真に収めていないですね。
近日アップ予定にしておきます。
もうちらほら知人やご近所からお供えにとご注文頂いていますが・・・まだ早いよ。。。
ちょっと酸っぱさが残っています。

みんな、気がはえ~~~~。









Appendix

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

promenade

promenade
我が友『悟郎』等の写真を載せることが主になっています。
家電等のレビューを書いてもいます。

随時、相互リンク・お友達も募集中です。